にきびが生理前にできる場合の予防方法

毎月、生理前になるとにきびができるという女性は多いです。

思春期にできるにきびとは違い、生理前のにきびの原因の多くは黄体ホルモンの影響です。


生理が近づくと、黄体ホルモンの分泌量が増えます。
黄体ホルモンによって皮脂の分泌量が増えると、皮脂が毛穴に詰まるようになります。



ですから、この時期は、刺激の少ない石鹸で優しく洗顔し、汚れをしっかりと取るようにします。

肌にトラブルがある場合は、泡で優しくなでるように洗い、清潔なタオルを使って、そっと水分を吸収させます。
生理前は、にきびだけでなく、肌荒れやむくみで悩む人も多いです。生理が近づいてきたら、脂肪分の多い食事はなるべく避けて、野菜を多く取り、ビタミンをたっぷりと補給することが大事です。

人気上昇中のlivedoorニュース関連情報サイトです。

また、生理前の肌トラブルの予防には、質の良い睡眠も大切です。


人間の細胞は、睡眠中に修復されるので、睡眠不足にならないように気を付ける必要があるのです。

にきびケアは、生理周期に合わせて行う方がいいので、基礎体温を測り、生理周期を知っておくことが大事です。


排卵が終わってから生理が始まるまでの期間は、保湿をしっかりと行い、睡眠の質と栄養に気を付けて、洗顔を丁寧にするようにしましょう。



そうすれば、肌のトラブルをかなり減らすことができます。

生理が終わってから排卵時期までは、肌の状態が良いので、スペシャルケアで肌に磨きをかけることもできます。

また、ニキビ治療を徹底して行いたい場合は、この時期に行うといいです。